リアル宝探し(レギュラー)

2009年8月27日 (木)

No.582~586(*)を発見

地区Code669の宝1

582

こりゃ、あかん。

-----<獲得したカード>-----
世界樹の種
CP=1 EXP=50 カード
に記載
-------------------

次のところは、こんな具合。合併してから、自治体のサイトから情報が見つからなくなっちゃったんだよね。

Annai

地区Code650の宝1~4

583

584

585

Jishuku

-----<獲得したカード>-----
          ナシ
 
-------------------

(*):この番号は筆者の発見順の付番で、主催者等のものとは関係ありません。
(注):暗号の番号と写真の順序は同一とは限りません。 

| | コメント (0)

2009年6月13日 (土)

No.525~527(*)を発見

地区Code640の宝(その1 赤い鳥作)

525

-----<獲得したカード>-----
50ゴールド
CP=1 EXP=50 マーク:なし カード
に記載
-------------------

地区Code640の宝(その2 cecilcut_blues氏作)

526

地区Code640の宝(その3 cecilcut_blues氏作)

527

(*):この番号は筆者の発見順の付番で、主催者等のものとは関係ありません。

| | コメント (2)

2009年6月 7日 (日)

No.523~524(*)を発見

地区Code841の宝

523

-----<獲得したカード>-----
魅惑のネイル
CP=3 EXP=100 マーク:なし カード
に記載
-------------------

地区Code844の宝

524

-----<獲得したカード>-----
樽入りブランデー
CP=1 EXP=50 マーク:なし カード
に記載
-------------------

有料施設の方がCPが高いのでしょうか?

(*):この番号は筆者の発見順の付番で、主催者等のものとは関係ありません。

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

No.462(*)を発見

T県N町

462

(*):この番号は筆者の発見順の付番で、主催者等のものとは関係ありません。

この記事に納得!(ブログ人気投票)

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

No.461(*)を発見

S県T町

461

(*):この番号は筆者の発見順の付番で、主催者等のものとは関係ありません。

この記事に納得!(ブログ人気投票)

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

No.457・458(*)を発見

江戸川湖南之録

Jishuku_07_4

O県K町

458

(*):この番号は筆者の発見順の付番で、主催者等のものとは関係ありません。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

No.455・456(*)を発見

江戸川湖南之質

Jishuku_07_3

F県H村

456

(*):この番号は筆者の発見順の付番で、主催者等のものとは関係ありません。

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

TREQUBE 年度末で終了?(3)

この問題に関連して「ハンターの品格」とでもいう点について考えてみた。
私は宝探しは基本的に自分で考え、自分で発見するものだと思っている。もちろん、他のハンターさんとのつながりもあり、助けてもらったこともある。例えば、あると思ったところで見つからず、紛失報告をしようと思ったが、いまひとつ自信がなく、その頃は発見者コメントが公開されていたので、先に見つけた人に確認して、場所が間違っていないか教えてもらったことなどである。

規約第5条で「宝物の場所やキーワードを伝える、もしくは公開すること」を禁じている。宝の場所を文字で記載して公開するのが問題なのは明白だが、最近目に付くのだが、シナリオ名を明示して、設置してある施設の写真が公開されている。これは構わないのだろうか。あるいは質問形式の記事へのコメントとして、宝の場所の施設情報のリンク先URLを記載するのは問題ないのだろうか。疑問が残る。

今年の明治村では、2ちゃんねるのスレッドで最終的には「明治の恵み」のキーワードまで掲載されていた。こうした疑問事例が目に付くのは、今年の明治探検隊終了以降であり、西日本方面が多い気がする。今後「カードの試練」開始までに、規約の解釈の明確化と再徹底が望まれるところである。

(注)上記記事は筆者の個人的な意見であり、外部の特定な個人・団体への誹謗中傷を意図したものではありません。

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

TREQUBE 年度末で終了?(2)

TREQUBE全部を制覇したら、カード55枚が集まる、と考えていた人もいたようだが、それは誤りである。重要なカード、少なくとも数種類は出回っていないと考えるべきで、これは子供の頃の紅梅キャラメルおまけの「野球選手カード」で学んだ。

150万円の賞金制のゲームなので、獲得者が出ればゲームは終了すると考えるのが自然だろう。RJ社としても収益事業である社員教育ゲームやイベント企画支援に重点を移そうと考えていると思われ、そのためには全国に分散しているTREQUBEからは撤退すると考えたと私は見ている。

| | コメント (0)

2008年11月26日 (水)

TREQUBE 年度末で終了?(1)

昨日午後、「QUIN’S CARD 最終章」について発表がありました。

http://www.akai-tori.com/card_final/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧